KOBE GAKUIN UNIVERSITY FACULTY OF NUTRITION
ディプロマ・ポリシー
ディプロマ・ポリシー
ディプロマ・ポリシー図
 
  • (1) 健康科学に基づいた疾病予防および健康増進に必要な基礎・専門分野の学問知識を習得している。
  • (2) 人間性・科学性及び国際性を身につけ、管理栄養士・臨床検査技師として社会の発展と福祉に寄与する基礎的能力を持っている。
 
  • (1) 科学的根拠に基づいて食の安全性を思考し、検証できる。
  • (2) 健康科学の学問領域において的確な考察及び判断ができる。
 
  • (1) 予防医学の知識を使って、患者および地域住民の栄養管理・栄養改善に寄与できる。
  • (2) 我が国の高齢社会に深い関心を持ち、生活習慣病など病気の予防に強い意欲を持っている。
 
  • (1) 医療関係、食品製造関係、食育関係などの分野で活躍することを強く希望している。
  • (2) 地域医療とチーム医療の担い手として自覚を持ち、責任を十分に果たすことができる。
 
  • (1) 人と十分なコミュニケーションをすることができ、適切な栄養指導、栄養管理、栄養療法を実践できる。
  • (2) 医療従事者としてのモラル,最新の知識・技術をもって信頼できる医療情報を提供できる。
  • (3) 栄養学・臨床検査学のリーダーとして社会の幅広いフィールドで活躍できる技能を習得している。

※2016年度入学生から以下のように変更になります

思考・判断

  1. 1. 科学的根拠に基づいて人の健康について考察できる。
  2. 2. 栄養学・保健衛生学の学問領域において的確に判断できる。

関心・意欲

  1. 1. 予防医学の知識を使って、地域住民の健康増進に意欲をもって寄与できる。
  2. 2. 我が国の超高齢社会に対して関心を持ち、生活習慣病の予防に強い意欲を持っている。

技能・表現

  1. 1. 自分の考えを的確に表現し、人とのコミュニケーションを通じて、適切な栄養の指導、医学検査を実践できる。
  2. 2. 管理栄養士・臨床検査技師・栄養教諭のリーダーとして社会で活躍できる技能を習得している。

態度

  1. 1. 医療関係、食品関係、食育関係などの分野で活躍することを希望する。
  2. 2. 上記1の分野の担い手として、責任を十分に果たす自覚を持つ。


▲Page Top

 

神戸学院大学 栄養学部