取得できる資格|生命栄養学専攻

取得できる資格

臨床検査技師国家試験受験資格

病気の診断や治療方針の決定に欠かせない臨床検査技師。チーム医療が普及し、医療の高度化が進む中で、検査内容も細分化され、より専門性の高い技術と知識がますます求められます。

臨床工学技士国家試験受験資格

医療現場において、主に生命維持管理装置の操作及び、保守点検を行う医療従事者です。神戸総合医療専門学校との提携により、卒業後1年で国家試験受験資格の取得ができ、臨床検査技師とのダブル免許が可能です。

食品衛生監視員(任用資格)

食品、添加物、器具、施設などの衛生を確保するため、国や地方自治体で食品衛生行政を担当する技術公務員。

食品衛生管理者(任用資格)

食品または添加物の製造加工施設において、衛生が守られるように、製造・加工に従事する人を監督。

ハイレベルな国家試験合格率

臨床検査技師

2019年合格率

91.7%

(全国平均 75.2%)

出題傾向に沿った講義や
学内総合試験で徹底的に基礎を養う

国家試験は臨床検査技師としての基礎知識を問うものです。従って基礎知識が最も重要です。数年にわたる国家試験問題内容を十分に分析し、出題されやすい内容を盛り込んだ臨床検査学特別講義や学内総合試験を実施することにより学生たちに効率良く基礎知識を理解してもらえるようなカリキュラムを提供しています。

臨床検査学特別講義
(4年次)
各担当教員がそれぞれの担当科目において、国家試験対策の講義を計15回にわたって行います。
学内総合模試
(3年次~4年次)
3年次の早期から模試を行うことで不得意分野を把握し、その後の学習に活かすことができます。
教員による
直前対策講座
学生が苦手とする科目を中心に、臨床検査技師の資格を持つ教員が解説します。国家試験1~2カ月前から実施。