栄養学研究科<栄養学専攻/修士> 栄養学の高い専門知識とスキルを習得

  • イメージ1
  • イメージ2

栄養学の専門能力を修得し、多彩な分野で活躍。

本研究科は、医学・農学・家政学の領域をも包括する栄養学の分野での研究者および高度専門職業人の養成を目的にしています。研究組織は7グループあり、最新鋭の研究機器・設備が充実。研究活動に関しては、国際学術雑誌に多くの成果が掲載され、高く評価されています。徹底した少数精鋭主義で、教員の個別指導を受けながら、科学的思考法・実験技術・データ解析力・情報処理能力など、高度な研究能力を身につけることができます。

めざせる進路 
◯病院管理栄養士 ◯民間企業の研究職 ◯大学・専門学校教員 ◯研究機関研究員 ◯小中学校栄養教諭(専修)

専門分野7つのグループ

専 門 分 野 学    科 担 当 教 員
栄養・教育学 基礎栄養学 教授 池田 清和
研究内容
  • 蕎麦などの伝統食品の基礎栄養学的特性解析
  • 食品機能成分の基礎栄養学的特性解析
  • 食品嗜好特性の基礎栄養学的解析
栄養教育論 教授 池田 小夜子
研究内容
  • 栄養教育研究(幼児期・学童期・青年期・成人期・高齢期の各ライフステージに合った栄養教育の実践論)
  • ミネラル食品栄養学
臨床栄養学 臨床栄養学I 教授 藤岡 由夫
研究内容
  • 脂質異常による動脈硬化発症機序
  • メタボリックシンドロームにおける脂質異常と高血圧症の診断と治療
  • 虚血性心疾患における冠危険因子の分析と治療
  • 外来およびNSTにおける栄養指導の評価
臨床栄養学II 准教授 大平 英夫
研究内容
  • 短鎖脂肪酸の免疫調節に関する研究
  • 酪酸の脂肪細胞に果たす役割
  • 疾病患者における栄養管理の評価
給食経営管理学 給食経営管理学 教授 森 光寿
研究内容
  • 調理による食品材料の物性の変化に関する研究
  • 有色素米の調理特性および給食施設への利用に関する研究
  • 肝臓エタノール代謝に及ぼすアルコールと食品成分の相互作用
  • 給食システムに関する研究
食べ物と健康VI 教授 戸谷 永生
研究内容
  • 脂質の代謝
  • シリコン油の抗酸化機構に関する研究
  • 業務用フライ油の酸化防止に関する研究
食べ物と健康II 講師 太田 淳子
研究内容
  • 高齢者施設における献立作成や調理に関する研究
  • 要介護状態の高齢者に対する栄養マネジメントに関する研究
  • ロコモティブシンドローム予防に関する研究
  • 特定給食施設における人事管理に関する研究
公衆栄養・衛生学 社会・環境と健康 教授 小野坂 敏見
公衆栄養学
研究内容
  • 金属の毒性をモデルとした病態の解明
  • 環境と人間の関係についての情報解析
  • 人口と食料需給に関する研究
  • 平均寿命の構造の解明
食品機能学 食べ物と健康I 准教授 石井 剛志
研究内容
  • 茶ポリフェノールの食品・生体成分に対する分子挙動解析
  • 渋味の発現機構と生理的意義の解明
  • 食品抗酸化成分の機能性解析と食素材化技術の開発
  • 食品の機能性および酸化ストレスの評価技術の開発
食べ物と健康III 講師 川畑 球一
研究内容
  • ポリフェノールとプロバイオティクスの機能的相互作用に関する研究
  • プロバイオティクスの機能性解析
  • 高血糖の予防改善に有用な機能性食素材に関する研究
生理・生化学 人体の構造と機能III 教授 佐々木 康人
研究内容
  • 食品と血圧・血栓形成に関する研究
  • 血管の生理学に関する研究
人体の構造と機能I 講師 田村 行識
研究内容
  • 糖尿病の発症メカニズムの解明
  • 非アルコール性脂肪性肝炎の発症メカニズムの解明と栄養学的予防法の開発
  • 生活習慣病の病態の性差に関する研究
臨床検査学
第1部門
人体の構造と機能II 准教授 山下 勉
研究内容
  • 動物モデルを用いた微小循環と血栓形成・溶解に関する研究
  • 止血血栓関連を中心とした各種臨床検査法の開発と臨床応用
臨床検査学
第2部門
人体の構造と機能V 講師 松田 広一
研究内容
  • ピリミジン代謝における食餌組成の影響に関する研究
  • 微生物の薬剤耐性化機構における環境要因の影響に関する研究
臨床検査学
第3部門
臨床生理学 教授 駒村 和雄
研究内容
  • 心不全の発症機序の解明と新規治療法の開発、新規診断技術の開発
臨床免疫学 講師 坊池 義浩
研究内容
  • 非溶血性副作用に関する免疫学的研究
  • 赤血球血液型に関する研究
  • 小中規模医療機関における安全で有効な輸血医療の構築に関する研究
top