食・健康学グループ

  • 教授 吉田弘美 実験助手 坂本裕香 
  • 准教授 水品善之 実習助手 栗山磯子
◯構成メンバー (※代表者)
准教授 水品 善之 実験助手 坂本 裕香

教育目標

食品の各種成分をはじめ、生産から加工・調理を経て、 人に摂取されるまでの過程について学び、食品が人体に 与える影響などについて理解します。

主な大学院修士課程の授業科目:
食べ物と健康特殊講義I、 食べ物と健康特殊講義III

研究目標

  1. 豆類から脂質成分の分析と抗酸化成分の関連を解明する
  2. 食品調理による脂質成分・抗酸化成分の変化を解析する
  3. DNA合成酵素を阻害する食品成分の探索と抗がん・抗炎症健康機能性を解明する
  4. 機能性食品成分のメタボローム解析による人体への影響を解明する

関連学会

日本栄養・食糧学会、 日本食品科学工学会、 日本農芸化学会

関連する学術雑誌

Food Chemistry、 Food Science and Technology Research、Journal of Agricultural and Food Chemistry

コメント

神戸大学医学部消化器内科との共同研究により食品成分の人体への 影響を評価・解析します。 神戸市・兵庫県内の食品メーカーとの産学連携・地域連携を推進して、 健康機能性食品の開発を目指します。

大学院修士課程修了後の進路
(進学先)神戸学院大学大学院 食品薬品総合科学研究科 神戸大学大学院 医学研究科
(就職先)アストラゼネカ(株)、広瀬化学薬品(株)、Ig-M(株)、理化学研究所

◎学位論文は、神戸学院大学図書館と国立国会図書館にて閲覧可能です。

top